第1回 滋賀酒カクテルコンペティション
最終選考会 2021年9月19日(日)
ホテルサンルート彦根 Salon Bar Thistle

第1回 滋賀酒カクテルコンペティション大会報告

最優秀賞

Ohmi Aphrodite 羽衣の舞

三菅 知尋(ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜 ザ・カハララウンジ)

(創作コンセプト)

近江国に昔から伝わる羽衣伝説。羽衣を風になびかせ、凪いだ水面に降り立った天女。天女も息を呑むほどに美しく輝く近江の湖。琵琶湖に多くの水源が流れ込む様に、宿場町として多くの人が行き交い繁栄した近江の地。古からの恵まれた水源と職人技によって育まれる滋賀の地酒。今も尚愛され、そしてクラフトマンシップは受け継がれてゆく。いつまでも天女も憧れる美景であるよう願いを込めて。

レシピ

①滋賀県酒造組合コラボ純米酒 40ml
②APHRODITE(北岡本店)ホワイトキュラソー 10ml
③DU KUYPER BLUEBERRY (キリンHD)ブルーベリーリキュール 5ml
④フレッシュレモンジュース 5ml

①~④をシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

ミントチェリーにレモンピールとライスペーパーを刺し、デコレーションする。

(最優秀者コメント)

 この度は第一回滋賀酒カクテルコンペティションに参加させて頂きまして誠にありがとうございます。また優勝という結果を頂きまして、大変光栄に思います。この結果は皆様からの温かい応援があったからこそと、心から感謝しております。コロナ禍において開催されたカクテルコンペティションでしたが、地元の滋賀県や滋賀のお酒の良さを再度発見できる貴重な機会となりました。

これからもお客様に喜んで頂けるカクテルを作れるよう、また滋賀地酒を盛り上げる一員になれますようバーテンダーとして研鑽を積みたいと思います。

 

 

優秀賞

弥栄(いやさか)

田中 志歩(京都悠洛ホテルMギャラリー Lounge&Bar1867)

(創作コンセプト)

“今年は今までと違う乾杯を”全国に広がる日本酒で乾杯条例。すっきり爽やかな“弥栄”は、日本酒ラバーはもちろん、日本酒ビギナーの皆さんも楽しめるカクテルです。いつもの日本酒もいいですが、今年は一味違ったカクテルで乾杯しませんか?新しい日本酒の楽しみ方のご提案です。

 

レシピ

①滋賀県酒造組合コラボ純米酒 60ml
②フレッシュグレープフルーツジュース 15ml
③塩麹ペースト 1/3 tsp
④MONINシュガーシロップ 5ml
⑤フレッシュバジル 2枚 

①~④をシェイクし、クラッシュアイスの入ったグラスに注ぐ。

グレープフルーツピールを液面にピールし、バジルの葉を飾る。

優秀賞

KINMAI

三浦健太朗(Bar calm)

(創作コンセプト)

 滋賀県の言葉「きんまい」は金の様に貴重であった米「金米」が語源であり、美しい・立派という意味を持ちます。その言葉から日本酒を連想し創作したカクテルです。

 柚子の香り、和三盆のコクを効かせスパークリングワインで満たすことで、滋賀酒の新たな一面を引き出しました。自然あふれる美しい水で育った稲穂は、立派な米となり、酒となり、滋賀県の賑わいや気の置けない仲間との日常を再び彩るでしょう。

 KINMAIで乾杯。

レシピ

①滋賀県酒造組合コラボ純米酒 50ml
②THE JAPANESE CRAFT VOKA HAKU ウォッカ 5ml
③THE JAPANESE CRAFT LIQUEUR YUZU 柚子リキュール 5ml
④和三盆 2tsp
⑤スパークリングワイン辛口 60ml

①~④をシェイカーに入れ、フォーマーで混ぜたあと、シェーク。グラスに注ぎスパークリングワインでアップ。

グラスに稲穂をデコレーションする。

はじめてのカクテルコンペテションを終えて

 滋賀県酒造組合の事業として、始めてカクテルコンペテションを開催いたしました。新しい事業として、日本酒により親しみをもっていただくための事業として、この開催は、意義のあったものだと思います。

 カクテルの飲み物としての創造性が高く、その美味しさを再認識した事業でもありました。運営上の課題はありましたが、多くの方々の、ご指導とご協力によって終えることができました。感謝申し上げます。

 今後は、より内容を精査し、滋賀酒の需要の拡大につながる事業として、展開してまいりたいと思います。今後も、皆様方のご理解と、ご協力をお願い申し上げます。

ファイナリスト発表!

第1回目となります、滋賀酒カクテルコンペティションに県内外から多数の応募いただきありがとうございました。厳正な審査を通過したファイナリストの3名を発表いたします。

【京都】
京都悠洛ホテル Mギャラリー
田中志歩 様

【神奈川】
ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜 ザ・カハララウンジ
三菅 知尋 様

【埼玉】
Bar calm
三浦 健太朗 様

開催にあたり

~日本と世界の文化の融合~
 平素から滋賀の地酒をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
この度、滋賀県酒造組合主催「第1回 滋賀酒カクテルコンペティション」を開催いたします。
日本酒は冷や・燗・オンザロック等、様々な飲み方があります。また古代ローマの時代から愛飲されているカクテルには無限の可能性があります。
そこで、日本酒の裾をさらに広げるため、滋賀の地酒をベースとして使用し、日本酒の風味を生かしたオリジナルカクテルを創作し披露することで、日本酒の新しい飲み方の提案や新たな価値醸成の一助となりますことに期待いたします。

滋賀酒カクテルコンペティション大会委員長
滋賀県酒造組合 会長
喜多良道

SUMMARY
大会概要

主催  滋賀県酒造組合
協力  一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会京滋奈支部
選考課題 滋賀のにぎわいをテーマにしたカクテル
滋賀酒造組合オリジナルブレンド酒をベースとして使用し、日本酒の風味を生かした、滋賀を感じさせる、未発表のオリジナル・カクテルの創作をお願いいたします。
エントリー期間 2021年7月20日(火)~ 8月20日(金)23時59分
エントリー者には大会委員会よりエントリーキットを送付します。
レシピ送付期限は2021年8月31日(火)23時59分となります。
応募資格 ●20歳以上で飲食業従事者あること
●大会規定に沿ったオリジナルカクテルレシピを開発し、それを一般公開できる方
●本大会規定を遵守いただける方
選考方法 ご応募いただいたカクテルのコンセプトやネーミング、味、見栄え、レシピ内容等を踏まえ、オリジナル性が高いとされる作品を大会委員会が選出させていただきます。
            
第1次選考:書類審査により上位3名のファイナリストを選出(2021年9月5日(日)発表予定)
ファイナリストPR:ファイナリスト発表後~ 2021年9月16日(木)までの間、#滋賀酒カクテルと付してFacebook、Twitter、Instagram 等のSNSを使ってカクテルと滋賀酒のPRを自由な形で実施していただきます。実施内容等にて最終選考での加点対象となります。
最終選考会 2021年9月19日(日)
会場:ホテルサンルート彦根 Salon Bar Thistle
    
・第1次選考を通過した3名は、一人づつ順番に5杯分の書類選考通過したカクテルを制作。順番は当日くじ引きにて決定します。
・技術は審査対象外となりますが、カクテル制作時間は7分とします。
・カクテルの完成度満点80点+SNS 付加ポイント満点20点の合計点でグランプリを決定します。
・新型コロナウイルス感染拡大により、本会関係者及び報道関係者のみの公開となります。
・新型コロナウイルスまん延防止のため、ホテルバーメンズ協会京滋奈支部所属のバーテンダーによる代理作成にて審査いたします。(8/23追記)
入賞者と特典

●最優秀賞
・賞金5万円
・滋賀県酒造組合オリジナルブレンド酒20本
滋賀県酒造組合関連のイベントや滋賀酒の魅力を多くの方に伝える活動を一緒に行っていただく予定です。

エントリー受付
  • 「滋賀酒カクテルコンペティションエントリーフォーム」

上記リンクをクリックし、フォームに入力/記入の上ご応募ください。

レシピ送付先
  • 「滋賀酒カクテルコンペティンション作品応募用紙」
    (Excelファイル) or (PDFファイル)

を下記メールアドレスもしくは郵送にて送付ください。

滋賀酒カクテルコンペティション事務局
滋賀県彦根市旭町9-14 ホテルサンルート彦根1F Salon Bar Thistle 内
担当:宮下
メールアドレス:thistle_bar@yahoo.co.jp

エントリー費用 無料
使用する材料および道具類は、参加者ご自身で準備をお願い致します。
大会規定

応募作品規定

1.作品に関する基本規定
①募集テーマにそった、未発表のオリジナル作品であること。
②作品のスタイル(ショート、ロング)、調合技法、使用グラスは自由です。
※使用材料の規定については「5.レシピに関する規定」をご参照ください。

2.作品のネーミングに関する規定
①作品のネーミングは、未発表のものに限ります。
②著作権の侵害にあたると判断されるものは使用できません。
③造語の使用は、その使用意図や意味が不明瞭であれば減点対象となります。
④倫理上ふさわしくないものを連想させる表現、飲酒運転を想起させるものは使用禁止とします。

3.作品の創作意図に関する規定
 作品の創作意図を記す文字数については句読点、文字間スペース等すべてを含め200文字までとします。

4.応募用紙〔レシピ表〕に関する注意事項
①応募用紙の記載不備、レシピ表に記載されている商品名、取扱い会社名などを含む表記に誤植があった場合は、減点の対象となりますのでご注意ください。
②応募用紙に添付する作品の写真については、スマートフォン等で撮影した簡易画像で構いませんが、画像容量は5MBまでとし、アプリ等による加工は不可とします。

5.レシピに関する規定
①カクテルにベースとして使用する滋賀酒は滋賀酒造組合に所属する33蔵元のブレンド酒に限ります。また、使用量はカクテルのスタイルに関わらず、30㎖以上ご使用ください。日本酒の風味を生かすレシピとしてください。
②ベース以外の副材料は自由に使用いただいてかまいませんが、一般的入手が難しいアイテムなどの使用については、普及性の観点から減点対象とします。
③使用材料は、デコレーション・ガーニッシュの素材も含めず5種類までとします。
④レシピ表に記載のない材料の使用、添加は、失格の対象となりますのでご注意ください。
⑤使用材料はガーニッシュを纏めるカクテルピンやマドラー、ストロー以外は全て食に適するものをご使用ください。
⑥レシピ表は、第三者が見てそれを忠実に再現できるよう、分かりやすく表記ください。
⑦再現性の観点から、自家製材料および二次加工を施した素材は使用不可といたします。

プライバシーに関する規定
本大会の模様を記録した写真や動画等は、HBA ならびに主催者が関連する PR 媒体(ホームページや SNS、会報誌、POP ツール)などに使用されます。予めご了承ください。

ENQUIRY
お問い合わせ

お問い合わせは、下記運営事務局のメールアドレスまでお願い致します。

滋賀酒カクテルコンペティション事務局 
宮下宛: thistle_bar@yahoo.co.jp