滋賀の全33蔵が集合。ますます注目の滋賀の地酒のこと、学んで、会って、試して、買えるイベントです。~滋賀の地酒は良質な近江米を使用しています~

   滋賀地酒の祭典2018の全ての行事が無事終了することが出来ました。
ご来場、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

猫 ありがとう! 8978人と一緒に乾杯できました。猫

プロジェクトの詳細は、ポスターをクリック。


「滋賀地酒10000人乾杯プロジェクト」10月1日始動。


10月1日は日本酒の日!

 十二支の10番目に当たる10月は「酉」の月、日本では「トリ」と読まれますが、元来壷の形を表す象形文字で、酒を意味しています。また、10月といえば新米を収穫し、酒蔵が酒づくりを始める季節でもあります。以前は、酒づくりの季節が10月から翌年9月の区切りとなっており、それに合わせて酒造年度は「10月1日から」始まる一年間でした。

 日本の國酒である日本酒を後世に伝えるという思いを新たにするとともに、一層の愛情とご理解をという願いを込めて、1978年に日本酒造組合中央会が「10月1日は日本酒の日」と定めました。 古来、日本酒は神様にお供えする神聖なものとされてきました。「乾杯」には、神様の前で人々が心をひとつにする願いが込められています。

19時30分、滋賀酒で10000人とともに乾杯しよう。

 この日、全国各地で日本酒にまつわる様々なイベントが開かれます。また、一斉に乾杯するイベントも行われます。


 滋賀県酒造組合においても、19時30分、滋賀県内飲食店およそ200店、および各ご家庭において、滋賀県産日本酒で一斉に乾杯するイベントを行います。

 一緒に乾杯する人数の目標は、ズバリ10,000人。

 伝統を重んじる日本人だからこそ日本酒で。郷土を愛するからこそ滋賀の地酒!

 皆さんも、滋賀県の酒蔵が造った日本酒を片手に、乾杯しましょう。

 さらに、メイン会場や開催飲食店では、滋賀県産33蔵共同開発の当日限定マル秘 乾杯酒を御用意いたします。



◆これまでの実績 2015年 のべ7200人、2016年 9,410人、2017年 7,678人

◆主催:滋賀地酒を愛し育てる会(滋賀県酒造組合、滋賀県小売酒販組合連合会、株式会社エスサーフ)

◆未成年の飲酒、飲酒運転は法律により禁じられています。

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

安全なきき酒のために

最新情報をGetしよう

このサイトと連動した公式twitterやfacebookが便利です。
是非ご利用下さい。
  • facebook
  • twitter

カレンダー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

PAGETOP
Copyright © 滋賀県酒造組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.